顕彰活動

鈴木三郎助全広連地域広告大賞

全広連第三代理事長鈴木三郎助氏の寄付金を基に平成19年度より制定された「全広連鈴木三郎助地域キャンペーン大賞」「全広連鈴木三郎助地域クリエイティブ大賞」は、令和4年度より名称を「鈴木三郎助全広連地域広告大賞」と変更し、内容をリニューアルしました。 地域の産業・経済・文化スポーツに関する広告活動を通じて、日本各地の地域活性化に貢献した優れた広告コミュニケーション活動を顕彰することにより、地域活性化を促進することを目的とし、「フィルム・オーディオ部門」「プリント部門」「チャレンジ部門」「キャンペーン部門」の4部門で構成されます。

贈賞は従来同様、全広連大会式典の席上で行われます。

第1回「鈴木三郎助全広連地域広告大賞」の贈賞を以下のように決定しました。

■第1回「鈴木三郎助全広連地域広告大賞」最優秀賞およびチャレンジ部門賞
受賞者 :輝け!みんなの九州プロジェクト
受賞作 :「流れ星新幹線」(イベント、空間表現、車体ラッピング、動画広告)
推薦協会:福岡広告協会


■同・優秀賞 および フィルム・オーディオ部門賞
受賞者 :長崎県南島原市
受賞作 :「突撃!南島原情報局【神回】」(動画広告)
推薦協会:長崎広告協会


■同・選考委員会特別賞 および キャンペーン部門賞
受賞者 :岩手日報社、協賛延べ843社
受賞作 :「3月11日『県民の日』制定プロジェクト」(新聞、TVCM、動画、WEBサイト、SNS、イベント広告)
推薦協会:岩手広告協会
3月11日『県民の日』制定プロジェクト

■同・プリント部門賞
受賞者 :青森県
受賞作 :「#縄文式ビリビリ健康法」(新聞広告)
推薦協会:青森広告協会
#縄文式ビリビリ健康法

各賞は、5月19日(木)開催の「第70回全日本広告連盟沖縄大会」式典内で贈賞を行う予定です。
第1回「鈴木三郎助全広連地域広告大賞」ニュースリリース[392KB]
作品画像のダウンロード
第1回鈴木三郎助全広連地域広告大賞について
第1回同賞の開催については下記をご覧ください。
第1回鈴木三郎助全広連地域広告大賞 募集要項
第1回鈴木三郎助全広連地域広告大賞 応募用紙のダウンロード

お問合せ
公益社団法人全日本広告連盟 鈴木三郎助全広連地域広告大賞 事務局
kokokusyo@ad-zenkoren.org
電話:03-3569-3566

全広連日本宣伝賞

「日本宣伝クラブ」が昭和30年代から行ってきた、「日本宣伝賞」の顕彰事業を平成25年度より継承。必要な再編成を行い、全広連の公益目的事業の一つとして育成、発展を行おうとするもの。広告主(「松下賞」)、媒体社、その他のメディア関係会社及びイベントその他のコンテンツのプロデューサー(「正力賞」)、広告関連会社(「吉田賞」)、クリエーター(「山名賞」)それぞれの立場から、広告の社会的使命の促進に係る広告界の向上・発展に尽くし寄与したものを、年1回顕彰の計画とし、また、合せて、「特別賞」として、広告の社会的使命の促進に特別に功労があった、と認められた場合は、上記4賞に加えて個人又は、団体を顕彰します。

第10回「全広連日本宣伝賞」の贈賞を以下のように決定しました。

■松下賞
伊藤雅俊(いとう まさとし)氏
味の素株式会社 執行役 ※お役職は2022年4月1日現在
■正力賞
小山薫堂(こやま くんどう)氏
放送作家、脚本家、京都芸術大学 副学長
■吉田賞
嶋村和恵(しまむら かずえ)氏
早稲田大学 商学学術院 教授、日本広告学会 会長
■山名賞
杉山恒太郎(すぎやま こうたろう)氏
クリエイティブディレクター

各賞は、5月19日(木)開催の「第70回全日本広告連盟沖縄大会」式典内で
贈賞を行う予定です。
第10回全広連日本宣伝賞ニュースリリース[242KB]
歴代受賞者一覧[365KB]