北海道・東北エリア

全北海道広告協会

会長 岩田 圭剛 札幌商工会議所会頭
理事長 広瀬 兼三 (株)北海道新聞社代表取締役社長
設立 昭和30年4月
住所 〒060-8545 札幌市中央区大通西5丁目11-1
TEL/FAX 011-214-5019/011-214-5116
会員社数 105社 会員数 191名(令和元年8月現在)
URL http://all-hokkaido-ad.jp/
概要 全北海道広告協会は、 1955年(昭和30年)4月、札幌に設立。北海道の広告文化の普及向上を図り、産業経済の発展に寄与することを目的に、以来、58回を迎える広告協会賞や各種セミナー、懇親会などを開催している。
主な事業

青森広告協会

会長 若井 敬一郎 青森商工会議所会頭
理事長 塩越 隆雄 (株)東奥日報社代表取締役社長
設立 昭和46年10月13日
住所 〒030-0180 青森市第二問屋町3-1-89 (株)東奥日報社内
TEL/FAX 017-739-1184/017-729-2358
会員社数 73社 会員数 102名(令和元年8月現在)
URL
概要 青森広告協会は、地域の産業と経済の発展、将来性と地域住民の福祉向上に広告情報活用の機運が高まった昭和46年に誕生しました。地元の有力広告主・媒体・広告会社・商工会議所関係者等が相集い、青森市を起点に弘前市、八戸市に拡大を図る方針で50名の有志により設立総会が開催されました。同時に27番目の全広連加盟を決議し、本州北端の広告協会として全国広告界の発展の一翼を担い今日に至っています。また、平成25年5月には、全日本広告連盟青森大会を全広連創立60周年記念大会として開催し、全国から1,100名の参加をいただきました。
主な事業 ●全広連大会参加(5月)●定時総会・時局講演会・懇親会開催(7月)●会員親睦イカ釣大会(7月)●秋の研修イベント(11月)●春の講演会(2月)

岩手広告協会

会長 東根 千万億 (株)岩手日報社代表取締役社長
理事長 作山 充 (株)岩手日報社取締役広告事業局長
設立 昭和44年3月
住所 〒020-8622 岩手県盛岡市内丸3-7
TEL/FAX 019-653-4111/019-622-1691
会員社数 60社 会員数 77名(令和元年8月現在)
URL
概要 岩手広告協会は、広告文化の向上、産業経済の発展、会員福祉の増進を目指し、1969(昭和44)年3月に設立。同年4月の第17回全広連金沢大会で全国21番目の加盟広告協会として正式に承認された。主な事業は、協会設立と同時に制定し実施している岩手広告賞・岩手広告美術展、各種セミナー・講演会、節分祈願祭など行っている。
主な事業 1月 岩手広告賞・岩手広告美術展作品募集/2月 節分祈願祭、講演会/3月~6月 岩手広告賞・岩手広告美術展作品展/7月 岩手広告協会 総会、岩手広告賞・岩手広告美術展表彰式/10月 講演会

仙台広告協会 最近の主な行事
NEW

最近の主な行事

2019年度研修旅行会を開催

9月19日、毎年恒例の研修旅行会を実施しました。参加者21名は、紅葉が進む道中の景色を楽しみながら、バスで秋田県南地域へ。「日本三大うどん」のひとつ、稲庭うどんの発祥地である湯沢市稲庭町、JR東日本「大人の休日倶楽部」のCM撮影地にもなった伝統的な内蔵造りの街並みを守り続ける横手市増田地区、令和初日にリニューアルオープンし、「釣りキチ三平」の矢口高雄氏をはじめ多くの漫画家の原画20万枚以上を収蔵する増田まんが美術館などを巡り、見学や地元ガイドの案内を通じて豊かな観光資源を体感。参加各社が今後の業務や活動に活かすためのアイデアやつながりを得ることができ、大きな学びの機会となりました。

会長 藤﨑 三郎助 (株)藤崎代表取締役社長
理事長 一力 雅彦 (株)河北新報社代表取締役社長
設立 昭和30年11月21日
住所 〒980-0022 仙台市青葉区五橋1-2-28 河北新報社内
TEL/FAX 022-211-1324/022-227-0923
会員社数 104社 会員数 169名(令和元年8月現在)
URL
概要 仙台広告協会は、全日本広告連盟結成から2年目、東北各地のトップを切り全国で8番目の協会として、昭和30年11月21日に設立。テレビ、ラジオの電波媒体が次々に誕生、地方でも広告メディアの大革新時代に入った頃で、大都市偏在といわれた広告文化を地方でも「育成しつつ発展向上させよう」を合言葉に、地元広告人が地道に地域広告界の発展に努め今日に至っている。
主な事業 定時総会(仙台広告賞表彰式)/懇親ゴルフ会/研修旅行会/臨時総会/新春講演会
2016年5月全日本広告連盟仙台大会開催

秋田広告協会

会長 佐川 博之 秋田魁新報社代表取締役社長
理事長 太田 聡 秋田魁新報社取締役総合営業本部長
設立 昭和43年4月17日
住所 〒010-8601 秋田市山王臨海町1-1 秋田魁新報社内
TEL/FAX 018-888-1862/018-863-1681
会員社数 55社 会員数 90名(令和元年8月現在)
URL
概要 毎年、春に開催する総会で秋田広告協会賞の贈賞を実施し(6部門)、企業・団体の広告宣伝活動の重要性をアピールしている。他団体との協力による講演会開催も恒例化。
2018年には1985年以来33年ぶり2回目の開催となった全広連秋田大会を、秋田広告協会設立50年という節目に合わせて招致、開催。全国から1500人の関係者が集い、平成最後の全広連大会を成功させた。
主な事業 秋田広告協会賞の贈賞、講演会開催、会員相互の親睦を図る懇親会開催など

山形広告協会 最近の主な行事
NEW

最近の主な行事

共感づくりを考えた「山形広告セミナー」

山形広告協会(会長・寒河江浩二山形新聞社長)の主催する「山形広告セミナー」が平成31年2月12日、山形市の山形グランドホテルで開かれ、広告を通した「共感」の広げ方、伝え方などについて考察した。 会員企業社員や一般の人たちなど100人が参加。パナソニック・コミュニケーション部長の岡山晃久氏、博報堂ケトルプロデューサーの日野昌暢氏が講演した。岡山氏は、創業100周年を迎えたパナソニックの広告戦略として、「いろいろな立場の人たちに寄り添って共感を得るようなコンテンツ作り」を継続する姿勢を強調。日野氏は、高崎市の飲食店などを今までにない切り口で紹介して広く共感を集めた「絶メシリスト」を例に、地域活性化に果たす広告の役割を論じた。

会長 寒河江 浩二 (株)山形新聞社代表取締役社長
理事長 大場 昭悦 (株)山形新聞社取締役広告局長
設立 昭和31年7月25日
住所 〒990-8550 山形市旅篭町2丁目5番12号 山形メディアタワー
TEL/FAX 023-622-5274/023-627-1041
会員社数 57社 会員数 66名(令和元年8月現在)
URL
概要 山形広告協会は1956(昭和31)年7月25日に設立総会を開催し、全広連に加盟する10番目の広告協会として発足しました。以来、協会事業として年1回の「山形広告賞」(令和元年度で11回目)、「山形広告セミナー」の開催などを通し、地域広告界の発展を主導してきました。
2019(平成31)年2月12日に開催した「山形広告セミナー」では、パナソニック創業から100年の広告戦略や、地元の飲食店を今までにない切り口で紹介する高崎市の「絶メシリスト」を事例に、広告を通したコミュニケーションの在り方を考えました。
主な事業 ●山形広告賞(前年1月~12月に掲載、放送、発表された新聞広告、雑誌広告、ポスター、テレビCM、ラジオCMを会員から募集し、最優秀賞・優秀賞を選考し表彰する)
●山形広告セミナー(年度に1回、10月~2月の間に開催。全広連の協力を得て講師を招き、会員社および一般の方、学生の参加により実施する)

福島広告協会

会長 高橋 雅行 (株)福島民報社代表取締役社長
理事長 高橋 雅行 (株)福島民報社代表取締役社長
設立 昭和40年4月
住所 〒963-8005 福島県郡山市清水台2-13-23 郡山第一ビル10F(株式会社電通東日本福島営業所内)
TEL/FAX 024-923-5606/024-933-0346
会員社数 44社 会員数 93名(令和元年8月現在)
URL
概要 福島広告協会は、1965年(昭和40年)4月24日に広告主企業・媒体社・広告会社の44社が参加し設立された。会の目的として、(1)広告宣伝の調査研究、(2)広告知識の普及と広告技術の向上をはかる事業、(3)内外の広告文化団体との連絡協調、(4)広告に関する共同利益のための事業、(5)会員の親睦交歓などに関する事業を掲げ、以来、福島県内の広告文化の普及向上と県産業経済の発展のため活動を行っている。2015年(平成27年)で50周年を迎えた。
主な事業 ・親睦ゴルフ会
・ACC全日本CMフェスティバル試写会
・講演会 など