関東エリア

千葉広告協会 最近の主な行事
NEW

最近の主な行事

第69回 千葉デザイン展2019 に贈賞

千葉広告協会は、9月21日、第69回 千葉デザイン展2019 授賞式に出席した。同事業へ協賛し、千葉広告協会長賞を贈賞した。

会長 佐久間 英利 千葉商工会議所会頭
理事長 大澤 克之助 (株)千葉日報社代表取締役社長
設立 昭和35年7月22日
住所 〒260-0013 千葉市中央区中央4-14-10 (株)千葉日報社内
TEL/FAX 043-227-0055/043-222-6540
会員社数 52社 会員数 62名(令和元年8月現在)
URL
概要 千葉広告協会の設立は、昭和35年7月22日。これに先立ち34年秋頃より、千葉商工会議所の全面的な協力を得て、千葉市財界、実業界の有力者を中心として結成に向けて活動を開始した。同年6月24日、第1回発起人会が、杉本郁太郎氏(元奈良屋会長)を発起人代表として、当時の奈良屋デパート会議室において開催され、基本構想を固めた。同年7月2日、設立準備委員会を千葉銀行会議室において開催、規約草案、役員人選など検討した。続いて7月22日、設立総会を千葉信用金庫会議室において開催、ここに千葉広告協会が、全国で16番目の広告協会として誕生した。
主な事業

東京広告協会 最近の主な行事
NEW

最近の主な行事

「キャッシュレスとGAFA+Aの金融戦略」をテーマに、特別講演会を実施

東京広告協会は、令和元年度第2回特別講演会を10月1日、日比谷コンベンションホールで開催した。『キャッシュレスとGAFA+Aの金融戦略』を演題に、佐藤元則氏(NCB Lab. 代表)、吉富才了氏(㈱電通 ビジネスD&A局ビジネス共創ユニット)の2人の講師を招いた。会員社・一般から参加した約160名は熱心に耳を傾けていた。

理事長 大平 明 大正製薬ホールディングス(株)取締役相談役
設立 昭和22年2月13日
住所 〒104-0061 中央区銀座7-4-17 電通銀座ビル7F
TEL/FAX 03-3569-3566/03-3572-5733
会員社数 346社 会員数 636名(令和元年8月現在)
URL http://www.tokyo-ad.or.jp
概要 東京広告協会は、1947年(昭和22年)2月13日、広告をあらゆる人々の生活向上に役立つ情報とするために、代表的な広告主企業・媒体社・広告会社が集まり、総合広告団体として設立。平成24年4月1日には公益社団法人へ移行。以来、広告の社会的使命を推進するための公益事業活動として、会員及び一般に向けた実践広告スキルアップセミナーや秋のアドフォーラム、大学生を対象とした研修会などの人材育成、高校教諭への広告研修会など啓発活動等を行っている。 また、全広連正会員の中核として全広連の事務局業務全般を行っている。
主な事業 特別講演会、実践広告スキルアップセミナー、秋のアドフォーラム、大学生意識調査、大学生広告制作講座、「広告法規マニュアル」の発行及び内容説明会開催、「広告等法規・行政情報」の発行、広告未来塾、高等学校教諭に対する広告研修会、「東京広告協会 白川 忍賞」の顕彰、「東京広告協会報」の発行、全広連への協力

横浜広告協会

会長 並木 裕之 (株)神奈川新聞社代表取締役社長
理事長 中村 行宏 (株)テレビ神奈川代表取締役社長
設立 昭和42年10月
住所 〒231-8445 横浜市中区太田町2-23 神奈川新聞社クロスメディア営業局内
TEL/FAX 045-227-0751/045-227-0765
会員社数 60社 会員数 94名(令和元年8月現在)
URL
概要 横浜広告協会は全国で19番目の協会として、昭和42年10月に設立された。横浜商工会議所会頭や県内の著名な財界人、媒体社、広告関係者などが集まり、首都圏経済に飲み込まれない「ハマ経済の自立と向上に寄与」を目的に広告活動の拡大を目指した。県内広告会の中核団体として講演会、研修セミナー、会員と地域の皆さまとの交流会や会員相互の懇親会・ゴルフ会などを行っている。
主な事業