関西エリア

京都広告協会 最近の主な行事
NEW

最近の主な行事

秋期アド・フォーラムを開催

全広連の協力を得て、9月27日京都市下京区のホテルで実務者研修会「秋期アド・フォーラム-“令和”の社会・くらし・トレンド-」を開催した。片上崇味の素㈱理事 広告部長兼オリンピック・パラリンピック推進室長が「味の素のスポーツ支援と企業コミュニケーション」の演題で、日本のみならず世界への栄養サポートや今後の「食」、スポーツ支援の指針を語った。また、世代・トレンド評論家の牛窪恵さんが「平成から令和へ~トレンド・キーワードとの向き合い方」を講演。少子高齢化に伴うキーワドの変容をたどりながら、「令和」時代の流行語やヒット商品にも必ず次のトレンドが隠れている、とよどみなく話した。会員・一般180人が熱心に聴講した。

会長 田中 克明 ㈱京都新聞COM代表取締役社長
理事長 鈴鹿 且久 ㈱聖護院八ッ橋総本店代表取締役社長
設立 昭和31年10月30日
住所 〒604-8577 京都市中京区烏丸通夷川上ル 京都新聞社内
TEL/FAX 075-241-5910/075-223-5752
会員社数 127社 会員数 207名(令和元年8月現在)
URL https://www.kyoto-ad.gr.jp
概要 戦前に広告関係者が結成した「木曜会」(のち「京都広告倶楽部」)と合併して、昭和31年10月30日に京都広告協会が発足。広告文化の普及向上をはかり、産業経済の発展に寄与するととともに、会員相互の福祉を増進することを目的に活動を続けている。主管協会として、昭和42年(第15回)、平成13年(第49回)に全広連大会を開催。また平成19年には、京都広告協会創立50周年記念事業「京・のれん考」が第1回全広連鈴木三郎助大賞を受賞した。
主な事業 定期総会(5月) 実務者研修会(夏) 創立記念大会(10月) 親睦ゴルフ大会(11月) 京都広告賞準グランプリ贈賞(11月) 全広連近畿ブロック会議(秋) ACC CMフェスティバル京都発表会(12月) 新春懇親会(1月) 見学研修会(3月) 京都広告協会報発行(夏・冬)など

公益社団法人大阪広告協会

最近の主な行事

今までになかった広告賞「HaHaHa Osaka Creativity Awards」が誕生!

詳しくは「大阪広告協会HP」をご参照ください http://www.osaka-ad.or.jp
人は、理屈では動かない。心が動いて、感情が動いて、初めて動く。テクノロジーが爆発的に発展し、ある種のカオスが広がるこの時代に、この原点に立ち返りたい。全国から“人を動かす「おもろい」コンテンツ”を大阪に集め、それを創り上げたクリエーターを発見し、思い切り賞賛しよう。そんな思いで「HaHaHa Osaka Creativity Awards」ができました。 HaHaHaは、広告のみならず、放送、音楽、映画など多ジャンルから ①ハッと驚かせた ②ハハーと唸らせた ③ハハハと笑わせた、という3つのカテゴリーのクリエーティブを、募集します。 公開で審査・賞を決定! 審査委員会を組織し、HaHaHaグランプリも含めた各賞を、公開のもと決定・表彰します。あなたの作品を、あの人に、みんなの目の前で批評してもらえる!褒めてもらえる!これは嬉しい! しかも、賞を決めて終わりじゃない。クリエーターのジャンル横断交流の場へ。大阪から世の中を元気にしたい。新しいチャレンジの芽や次代を担ってくれる若手を大阪から育てたい。そんな思いをこの賞に託し、授賞式は“パーティ”にします。「身内の褒めあいの場」を脱却し、広告、放送、音楽、アートといった様々なジャンルのクリエーターたちが交じり合う場に。騒ごう!

理事長 山田 邦雄 ロート製薬㈱代表取締役会長兼社長
設立 昭和22年3月1日
住所 〒550-0002 大阪市西区江戸堀1-3-3 肥後橋レックスビル
TEL/FAX 06-6441-6180/06-6441-7473
会員社数 238社 会員数 475名(令和元年8月現在)
URL http://www.osaka-ad.or.jp
概要 昭和22年に関西広告協会として発足し、創立10周年を期して大阪広告協会と改称、昭和38年に社団法人大阪広告協会として、認可されました。さらに平成24年6月1日、大阪府知事より「公益社団法人」の認定を受けました。
広告主、広告媒体社、広告会社、広告制作会社等が共同して、広告に関する情報提供や人材の育成、顕彰活動等を通して、文化的な向上、経済活動の促進、地域社会の発展に資することを目的としています。
また、会員名簿の発行・研修見学会など、会員相互の情報交換・交流の機会を設けています。
主な事業 (1)広告文化・技術の普及向上により産業界の発展に貢献した団体・個人の表彰事業
(2)講演会、見学会、研究会、セミナーなどの広告知識普及向上事業
(3)広告倫理化運動の推進や不良広告排除の方法考究など広告の社会的信用を高める事業
(4)その他、公益目的を達成するに必要な事業
(5)会報発行や懇親会など会員相互の研究助成と意見交換のための事業
※大阪広告協会 定款 第4条より

神戸広告協会

会長 佐藤 一郎 神戸地下街㈱代表取締役社長
理事長 谷 正典 ㈱神戸新聞社取締役営業局長
設立 昭和31年9月27日
住所 〒650-8571 神戸市中央区東川崎町1-5-7 ㈱神戸新聞社営業局内
TEL/FAX 078-362-6601/078-361-7802
会員社数 161社 会員数 307名(令和元年8月現在)
E-mail k-adac@kobe-np.co.jp
概要 神戸広告協会は、全国で11番目となる1956年に設立以来、広告界の発展を目指し、会員の親睦を深め、地域経済の発展に貢献してきた。
神戸開港150年の節目にあたる2017年には36年ぶりとなる全広連神戸大会を誘致し、全国から約1500人の関係者が集う大規模な大会として成功させた。
今後も、地域の広告文化の拠点として、各種講演会の開催や会員の交流促進のほか、広告を通して地域活性化につながる多様な事業を展開、積極的な情報発信を行っていく。
主な事業 定時総会(4月または5月)、講演会(随時)、親睦ゴルフ会(夏、秋)、全広連近畿ブロック会議(秋)、新春年賀会(1月)など